平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

東京世田谷・行政書士・社労士事務所

『就業規則』のこと。

就業規則とは・・・
労働者の賃金や労働時間などの労働条件に関すること、
職場内の規律などについて定めた職場における規則集です。

職場でのルールを定め、
会社と従業員双方がそれを守ることで
従業員が安心して働くことができ、
労使間のトラブルを防ぐことができます。

就業規則にも
これだけは絶対に定めなさいという【絶対的必要記載事項】と
決まってたら掲載しなさいという【相対的必要記載事項】があります。

【絶対的必要記載事項】

① 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに交替制の場合には就業時転換に関する事項

② 賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項

③ 退職に関する事項(解雇の事由を含む。)

【相対的必要記載事項】

① 退職手当に関する事項

② 臨時の賃金(賞与)、最低賃金額に関する事項

③ 食費、作業用品などの負担に関する事項

④ 安全衛生に関する事項

⑤ 職業訓練に関する事項

⑥ 災害補償、業務外の傷病扶助に関する事項

⑦ 表彰、制裁に関する事項

⑧ その他全労働者に適用される事項

守らなければならない労働基準法に違反しないレベルで
会社のモヤモヤグレーなところをスッキリしておきたいですよね。

今、後回しにはできないところだと実感しています。
ここ大切。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

テーマの著者 Anders Norén