平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

東京世田谷・行政書士・社労士事務所

整理解雇4要件のこと。

解雇は

誰もが・・・
ありとあらゆる人が・・・
「それはもう仕方ないな」と言える
「解雇」でなければなりません。

専門的に言うと 
労働契約法第16条ですが
解雇するならば
「客観的にみて合理的な理由」
「社会通念上相当」な理由が必要です。

内定取り消しも「解雇」ですので
「それはもう仕方ない」理由が必要です。

こんな時期にこんなことを書くのは
雇用を守ることにくわえて
会社を守るために書いています。

整理解雇4要件のポイント

① 人員削減の必要性
② 解雇回避のために努力し尽くしたか  
(例)
・経費削減(広告費・交際費節減や役員報酬のカットなど)
・労働時間短縮  
・残業規制  
・昇給なし、賞与削減
・採用見送り
・配転出向
・希望退職者募集

③ 解雇対象者選定の客観性・合理性
  客観的に合理的な選定基準が設定されているか。

④ 解雇までに十分な説明協議がされたかどうか。
  きちんとした解雇手続きがされているかどうか
 (例) 
 ・事前に整理解雇の必要性を説明する
 ・解雇の時期・規模・方法等を十分に説明したか

会社を守るために書いています。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

テーマの著者 Anders Norén