平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

東京世田谷・行政書士・社労士事務所

平均賃金のこと。

労働基準法第26条で
使用者の都合により、従業員を休業させる場合に支払う
『休業手当』は
1日につき平均賃金の6割以上を支払うことと決まっています。

給与計算期間ごと
通勤手当、皆勤手当、時間外手当など諸手当を含み
税金などの控除をする前の賃金総額

期  間               月分  暦実数   金 額
1月16日から2月15日  1月分  31日  328,000円
2月16日から3月15日  2月分     28日     289,400円
3月16日から4月15日  3月分     31日     278,920円
                                     合 計     90日     896,320円

平均賃金の計算
賃金総額  896,320円÷90日=9,959円1111

平均賃金 ( 銭未満を切捨て ) 9,959円11銭

※最低保障…賃金が日額や出来高給で決められていて労働日数が少ない場合、総額を労働日数で除した6割に当たる額が高い場合はその額を適用します。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 平野達夫行政書士事務所・ひらの社会保険労務士事務所

テーマの著者 Anders Norén